FC2ブログ
ものぐさな性格なのでサイトも株も放置プレイ・・・。 細~く・長~く・ひっそりと人生を楽しんでいます。 ガンガレ、自分。。。_| ̄|○グフ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ペイチェック
2008年03月16日 (日) | 編集 |
ペイチェック 消された記憶ペイチェック 消された記憶
(2007/10/12)
ベン・アフレック、ユマ・サーマン 他

商品詳細を見る

今夜の日曜洋画劇場は『ペイチェック』。

時代は近未来。
といってもほぼ現代と同じような背景ですね。自由に記憶消去が出来る
技術とそれが許される社会ということでしょうか。

3年間の記憶を消された主人公ジェニングス(ベン・アフレック)が、自分宛に
送った19のアイテム(正確には20アイテム)を駆使して、真実を突き止めていく
というストーリィ。

面白かったです!
見終わってからもう一度、確かめながら見てみたいという衝動に駆られますネ。

3年の間に愛を育んだであろう恋人レイチェル(ユマ・サーマン)が
最後まで本当に主人公側なのかどうか・・・という緊迫感もありました。
え?私だけ?(苦笑)

あのマシンでみた未来の映像で、主人公を撃ったのはレイチェルじゃないかな~
なんてずっと疑ってました。・・・疑い深いな~。

主人公が分け分からず、警察や組織に追われながら事件に巻き込まれたり、
真実を突き止めたりっていう作品群の中では、ピカ一でした。

他に好きなのは『ゲーム』(マイケル・ダグラス 主演)とか
『マイノリティ・リポート』(トム・クルーズ主演)とか
かな。ちょっと毛色が違うけど・・・。追われるっていう点で。

でなんだかんだで、彼らの愛は本物で、最後のオチ(宝くじ当たり)も気持ちよく
すっきりとみせてくれる映画でした。
ああ、私も宝くじ当たりたい~。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。